中国ツアー感動裏話。

今回の中国ツアーの一番の思い出。
元々、日本での出発前の説明会の後に1班の皆さんで交流をしたんですが、
その時に最後の宴会では班ごとに余興をすることになっているらしく、
自分にギターを持って行って歌ってくれないか?などの話も出たんですが、
まさか余興のためにギターは持って行けないな…と、
冗談程度に思っていました。
ところが、中国に行ってから我が班の居酒屋マスターこと、
気配りの達人お世話役とも言える横田さんが、
どうしても自分に歌わせたいと色々根回しをして、
何とか現地でギターを借りるかして調達できないかと動いてくれていたようなんですが、
結局、楽器屋を探してギターを現地で購入する動きになり、
団長の近藤先生までお付き合い頂き、YAMAHAのお店で現地調達できました。
最初、本当は安いのを買って、
あとは現地の人に寄贈しようかなどと話しながら、
横田さんが楽器店で
「この人はプロで、今夜一夜の一回だけの演奏のためにギターを買いに来たんだけど、
終わったら中国の交友関係のある人にプレゼントして帰るつもりなんだ」
と話してくれて、
店内で歌っても良いというので試奏しながら1曲歌うと値下げしてくれて、
また1曲歌うと下げてと、結局半値近くまで値下げしてくれたようです。
でも、試奏すると、さすがにYAMAHAに置いてあるだけあって、
オモチャのような国産ギターしかなかった30年前とは大違い、
かなりのクオリティーで、値下げして20000万円位の値段になりましたが、
日本でその値段のギターでは、これだけの音は出ないと言うくらいよく鳴りました。
結局、プロにただで歌ってもらうからと、
気配り横田さんのお声かけでギャラの意味を込めて、
何と1班の皆さんがお金を出し合ってそのギターを買ってくれました。
そして、班ごとの余興の最後に、
横田さんのモノマネ司会で、
留学中に覚えた中国語の歌で好きな童安格の「把根留住」と、
8年前に広西テレビの春節特番に出演した時にも歌った
オリジナル曲「月」のサビを中国語で、
あとはアンコールがあり「男道」と3曲歌いましたが、
ギターを現地調達してまで歌った甲斐があったと言うくらい、
本当に盛り上がって感動したと、皆さん喜んで頂きました。
1班の皆さんからは、
早速10月6日の15周年コンサートに行くとお声かけ頂いた方もいて、
横田さんのギター調達への執念の気配り、
そして1班の皆さんのご厚意に感謝でした。
ギターが思いの外音が良かったのもありますが、
そう言うこともあり、何か思い出のギターになってしまったので、
飛行機の機内持ち込みができたこともあり、持ち帰って来ました。
主に家での創作活動用に使おうと思いますが、
このギターで頑張って良い曲を作ります!
皆さん、ありがとうございました!m(_ _)m

69339788_2430738403682354_4992204512941834240_n

69359681_2430738360349025_7103848827815198720_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes