今年初の新曲【福寿草~君に贈る歌~】

さて、今年最初に作った曲【福寿草〜君に贈る歌〜】の歌詞です。
3月9日に行われる卒業式で歌を歌うことになっていて、
当初これまでに作ってある卒業の歌をと思っていましたが、
新年明けに2、3日で作ってみました。

【福寿草〜3月9日君に贈る歌〜】
詞・曲/YAMATO

(一)
挫けそうで流した涙も  嬉しくてこぼれた笑顔も
踏みしめた道の途中に  残した明日への足跡
春を誘う陽だまり影法師  日めくりを1枚捲れば
巡り会えた出会いの季節が  卒業(わかれ)の時を連れて来る

君の心の片隅に咲く 小さくてもいい花でありたい
いつかまた会えるその日には 君だけの花僕だけの花
咲かせて会えたらいいね

(二)
肩を叩き喜び合ったり 言葉かけ励まし合ったり
温めた友の絆が 確かな明日への道標
春を告げる黄色い福寿草  雪解けの大地に芽吹いて
空仰ぎ這いつくばっては 命の限りに咲き誇る

君の心の片隅に咲く 小さくてもいい花でありたい
いつかまた会えるその日には  君だけの花僕だけの花
咲かせて会えたらいいね

君の人生の路傍(かたわら)に咲く ささやかでもいい花でありたい
いつかまた会えるその日には  君だけの花僕だけの花
咲かせて会えたらいいね

君だけの花僕だけの花  咲かせてまた会おう

81294295_2705869069502618_1992401887999033344_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes