今年の3.11は…。

今年の3.11は3泊4日で長野に行った帰りでバタバタした中で迎えました。
昨年は家に居て、その時に感じた想いを
【桜の季節がもうそこに〜8度目の3.11に寄せて〜】と言う曲にしましたが、
今年は長野から帰宅して、少し前に作ってあった
一昨年のフェニックス救援隊のクリスマスチャリティーでご縁を頂いた
石巻の遠藤伸一さんに作った歌【虹の架け橋〜オリオンの三つ星見上げて〜】と言う曲の
フォトスライドショー完成版を仕上げました。
ギターのデモ音源とピアノインスト版は簡単に作ってアップしていましたが、
正式にレコーディングした音源で改めて作りました。
遠藤さんは、東日本大震災で子供3人を亡くされ、
今木工作家として子どもたちの為にと木工作品を作っていますが、
その一つに公園などの遊具「虹の架け橋」があります。
自分が作った【虹の架け橋〜オリオンの三つ星見上げて〜】は、
震災後、遠藤さんがこれまでNHKの「こころフォト」https://www.nhk.or.jp/kokorophoto/photo/137.html の取材で
これまで何度か掲載して来た子どもたちへの手紙の内容を
自分なりに受け止めて歌詞にまとめたと言っても良いと思いますが、
オリオン座の三つ星は、
東日本大震災がオリオン座の出ている季節だったこともあり、
自分の中で亡くなった3人のお子さんたちと三つ星が重なり、
そこはあくまでも自分のイメージの中で歌詞にしました。
「気仙沼フェニックスバッティングセンター」の千葉さんとのご縁で作った
【光めざして〜不死鳥のように〜】も、
千葉さんがどん底から這い上がって希望に向かうイメージを表現しましたが、
この歌も遠藤さんが3人のお子さんを亡くされ、
死ぬか生きるかの絶望のどん底から生きる意味を探しながら這い上がり、
遠藤さんの人と人とのつながりへの感謝、
そして希望に向かう気持ちを表現したつもりです。
遠藤さんは、お子さんを全員亡くされましたが、
他にも愛するお子さんを亡くされた親御さん達が数多くいらっしゃいますので、
実際体験していない我々にとっては本当の痛みは想像するしかない世界ですが、
そう言う皆さんの気持ちに寄り添いながらご覧頂ければ幸いに思います。
何度か、写真の差し替えをしたので、やっと正式アップです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes