新曲【心のまなざし】の歌詞&デモ音源。

新曲です。
最近2曲続けてアップしたロックとは全く違う、
何だかこの時世でなければできていない1曲になりました。
何年も前にまとめ買いしておいた本の中に、
松下幸之助著の本が2冊あり、そのうちの1冊「素直な心になるために」を読みながら、
人々が素直な心になることで理想的な社会になるのではないかと言うことや、
素直な心になることで物事の本質が捉えやすくなるなどが書かれていますが、
自分自身を見つめながら、
こう言う人間像をめざしていかないといけないな…とつくづく感じています。

今コロナ自粛生活の中で、
これまで当たり前だったことが当たり前でなくなっていますが、
自分の場合、今は自然の中に行って、
自然を満喫したい気持ちが強くなっています。
そんな中、FBなどの書き込みで、
散歩しながら咲いていた花に感動して写真をアップしていたり、
以前行って感動した景色の写真などがアップされているのを見ると、
こう言う中にあるからこそだと思いますが、
何気ない日常に心の目を向けて感動できる人、
感謝の気持ちを持てる人は、
素直な心で周りを見れる人なんだろうな…と思ったりしています。
その反面、同時に社会の良くない部分も出たりしているようですが…。
ネット等で世界的にも知られているようですが、知人が教えてくれて、
外国の方がインスピレーションを受けて書いたと言う
「コロナウィルスからの手紙」と言うものも読みました。
そこには地球規模の環境破壊に対する人類へのメッセージ的なことも書かれていて、
元々コロナウィルスは人類に対する警告だと言うような、
一般の方のコメントを目にしたり、耳にしたりすることもあり、
初めの頃、母親もこのまま世界が終わるんじゃないか
くらいの気がしていると言っていましたが、
そんなことを考えている方も少なくないのかな…?と思ったりしながら、
この時代を生きる我々にとってドキッとするインパクトのある内容でした。
そんな背景が絡み合って、
この時世出なければ生まれていない曲だと思いますが、
素直な心でありたいという自戒の念も込められてます。

この歌詞をFBにアップしたところ、
ご自身の現在置かれた心境と重なって感動したとコメントをくれた
ボランティア仲間の梅さん、
昨年暮れに御殿場【庵】での忘年会ライブに来てくれた後、
年明けから長期の闘病生活に入っていて、
自分も驚きと同時に大きなショックを受けました。
そんなことで、梅さんの置かれた心境を考えながら改めて歌詞に目を通したら、
このコロナ感染で我々が置かれた環境以上に、
当たり前だったことが当たり前で無くなっている梅さんの気持ちが重なって
ウルウルしてしまいました。
この曲は、梅さんの応援のために贈る歌にしようと思い、
このフォトスライドショーを作ってみました。
ボランティア仲間であると同時に、
自分の要所要所のライブには、
いつも応援に来てくれていた梅さんの姿があったことを感じながら、
改めて感謝の思いが湧いてきました。
今、この位のことしかできませんが、復活を心から祈念しています!
〜祈り〜

最初アルペジオで録りましたが、
ストロークでも合うのかな?と思ったので2バージョンで録ってみました。

【心のまなざし】 詞•曲/YAMATO

(一)
苦しくて力失くして
肩落としとぼとぼ帰り道
凛としたタンポポ一輪
励ますように咲いていた

冬は過ぎまた春が来て
眠ってた命が息吹き出す
変わらない地球の営み
大いなる愛に包まれてる

何気ない日々の暮らしを
心のまなざしで見つめてみよう
忘れかけてた優しさひとつ
独りじゃないと教えてくれた

seiyoutanpopo

(ニ)
悔しくて涙溢れて
やり場なく見上げた夜空には
まん丸い月影一輪
寄り添うように浮かんでた

夜は明けまた朝が来て
降り注ぐ光に満たされる
繰り返す地球の営み
大いなる愛に抱かれてる

何気ない日々の暮らしを
心のまなざしで見つめてみよう
忘れかけてた温もりひとつ
独りじゃないと教えてくれた

istockphoto-187844540-612x612

立ち止まることで気づいた
いつも傍にある優しさ温もり
あるがままの心で見つめて
素直な心で受け止めてみよう
素直な心で受け止めてみよう

夢占い-地球-1024x681

【心のまなざし~梅さんへ贈る歌】※デモ音源アルペジオVer.

【心のまなざし】※デモ音源ストロークVer.

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes