♬さくら貝の歌シリーズ③【さくら貝の歌~淡き恋心~】

昨年の能登ライブに出発する直前に作った3曲目です。
作ったばかりで録った音源なので細かいところの歌いまわしが変わるかも知れませんが、
とりあえずこんな感じになったという弾き語りデモ音源です。
純粋に初恋のイメージの曲です。
3曲の中のどの曲が一番良いか、好みのアンケートを取ってみたい感じですね。

【さくら貝の歌〜淡き恋心〜】詞・曲/YAMATO

(一)
君と歩いた月夜の浜辺 
波打ち際にぽつんと一つ
薄紅色のさくらの雫
波が残した贈り物

小さなさくら貝 幸せを呼ぶと言う
君はそっと拾って 無邪気に笑った
心に灯る温もりは 桜の色した淡き恋心

(二)
増穂の海に浮かんだ月に 
寄せては返す波がきらめく
君の瞳はさくらの雫 
月が落とした贈り物

小さなさくら貝 幸せを呼ぶという
君は月に翳して 二人で見ていた
心に揺れる切なさは 桜の色した淡き恋心

小さなさくら貝 幸せを呼ぶという
君と僕の願いを 明日に託した
心に灯る温もりは 桜の色した淡き恋心
幸せ色した淡き恋心

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes