【君をつれて~輪島編~】

輪島の歌をCDにする為には、最低もう1曲と思っていた最後の1曲を、
2時間くらい?でシンプルに作りました。
2曲は、完全に男歌なので、ギャップの大きな優しい感じの曲を入れようと思い、
昨年能登の支援者から教えてもらった能登の人情を表現した
「能登はやさしや土までも」と言うフレーズを使いたいと思いながら、
輪島市内の地名を使って四季の歌を作りました。
あとは、レコーディングするだけになり、何だかホッとしました。
これで、後はバンドメンバーの協力の元レコーディングして、
今年の目標である志賀町のさくら貝の歌のCDと輪島のCD2枚作れる目処が立ちました。

【君をつれて〜輪島編〜】詞・曲/YAMATO

(一)
能登に春が来たのなら 君を連れて門前町へ
そぼ降るような桜滝 木漏れ日差して架かる虹
能登に春が来たのなら 君を連れて行きたいな

140541321_3670688539687328_1131765691921878512_n

(ニ)
能登に夏が来たのなら 君を連れて名舟町へ
御陣乗太鼓鳴り響き キリコの灯り舞う夜に
能登に夏が来たのなら 君を連れて行きたいな

139970244_3670688603020655_5963845424793779367_n

(三)
能登に秋が来たのなら 君を連れて白米町へ
黄金に実る千枚田 遥かな夕日眺めたい
能登に秋が来たのなら 君を連れて行きたいな

140849282_3670688673020648_8467370132117049970_n

(四)
能登に冬が来たのなら 君を連れて大沢町へ
間垣の里の竹囲い シベリア下ろし波の花
能登に冬が来たのなら 君を連れて行きたいな

141038732_3670688716353977_1302180285098440836_n
能登の四季は折々に いつも優しく迎えてくれる
能登はやさしや土までも 能登が恋しや土までも
君を連れて帰りたい

【君をつれて~輪島編~】

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes