佐渡~能登ツアーの報告。(佐渡編)

9月29日に佐渡に行った後、10月4日に能登に向かい、
一昨日、ほぼ半月ぶりに帰宅しました。
まずは、佐渡の報告です。

●9月29日(水)

朝一のフェリーで佐渡に帰り、久々に秋の農作業を手伝いました。
何年ぶりかな…?と言う感じでした。
海もすごく透明度が高いです。

夕日がきれいに出てました。

243490541_4396907890398719_4678468214752714276_n 243650857_4396908127065362_7443620182940011349_n

243525421_4396908267065348_4555553625301872176_n
243716830_4396908527065322_2045429163092609372_n
243791031_4396908647065310_6388571564452177348_n
243375266_4396908840398624_2680440361869769973_n
243490540_4396909207065254_4568559438077956814_n
243506670_4396908997065275_3252642030941585728_n 243790070_4396909413731900_4923288249214704264_n
243435910_4396909727065202_8675485663636356396_n

●9月30日(木)
昨日夕方、夕日の写真を撮っている時、沖に漁火が一つ見えたので、
もしかして…と思っていたら夜に「お帰り!」メールが入り、
やっぱり弾正君の旬洋丸でした。
イカを漁協にあずけておくので、明日にでも取りに行ってとのことで、
今朝朝一で新鮮なイカをもらって来ました。
今年は、イカが不漁で昨年の半分くらいの漁獲しかないようなので、
貴重なイカをありがとう!m(_ _)m
弾正君の応援歌「漁師一筋男歌」を収録した
「佐渡応援歌集」のCDを作ってもうすぐ1年になりますが、
コロナ禍の中で郷土会などでも歌う機会が全く無いまま来てしまいました。
年内これから郷土会関係の催しのオファーがいくつか入って来ているので、
関東圏の佐渡出身者の皆さんに聞いてもらえる機会を楽しみにしています!

ミニアルバム【佐渡応援歌集】
243790082_4399599383462903_3538618718651428043_n
243679680_4399600466796128_4601854847186754153_n

243801003_4400082523414589_545468126462504862_n (1)
●10月2日(土)
稲刈りの手伝いも、佐渡へ来てから思いの外早く終わってしまったので、
拍子抜けした感じなんですが、何だかゆったりと過ごしました。
この日は残っていた稲ワラを納屋の2階に収める作業を少しした後、
実家付近は半端なく潮風の強い地域なので、
父親の車のボディーに部分的に出ているサビを落として塗装をする作業を2時間余りして、
丁度作業が終わって塗装が乾いた頃にタイミングよく雨が降り出して来ました。
雨が上がった後、西の空を見たら夕陽が出そうな色だったので海の方に行って、
夕日と反対側の空を見ると虹がきれいに出ていて、夕日と虹の両方を見れてラッキーでした。
雨が降った後の夕日だったので、雲が多くてこの前よりもより幻想的な雰囲気でした。

244079819_4407191209370387_7169071463260841142_n
244438384_4407191449370363_4723826577312691131_n
244048937_4407191669370341_3641857772941689408_n
243378188_4407191806036994_6358203604702194731_n
●10月3日(日)

昨日の佐渡最終日、小佐渡をメインに回って来ました。
自分の「佐渡ケ島」の歌詞の中でも歌っていますが、
やっぱり大佐渡の荒々しい男性的な景観とは違い、女性的な優しい繊細な感じですね。
で、以前自分がメジャーデビューした当時、
自分の写真を撮ってくれて
ポスターやジャケットなどに写真を使わせてもらった佐渡のカメラマンWさんが、
昨年自宅で亡くなっていたと言う連絡をもらいました。
両親が先立ち、一人っ子で家族もいなかったはずなので、
孤独死だったんだと思いますが、まだ還暦前だと思うので早すぎましたね…。
精神的に不安定な人だったので、突然連絡が取れなくなったりして、
自分も最後に顔を合わせて話したのは、
確か2012年夏、宇崎竜童さんと一緒に出演した小木祭りの時だったと思いますが、
その時も確かその前に急に一年余り連絡が取れなくなり、
久しぶりに偶然ばったりといった感じでしたね…。
実は、昨日回って写真を撮った場所は、
そのWさんが、自分が音楽活動を始めてから
メジャーデビューした後の2、3年頃までに写真を撮ってくれた場所を巡った感じでした。
当時のことを時々思い出しながら写真を撮りましたが、
今もジャケットに使われている写真はCDになって残っています。
改めて、ご冥福をお祈りします。
・しまふうみ
244432239_4412322002190641_8308477462819254068_n
・矢島・経島
244471245_4412322932190548_1874734169335258195_n
244412793_4412326932190148_1037115226727970853_n
・虫谷
244445912_4412327288856779_6278991313870261953_n
244393237_4412327638856744_9146766163446747981_n
243420813_4412328102190031_5785927862341022808_n
244562085_4412339042188937_1248778103822430221_n 244333456_4412339212188920_6612090954581253828_n
・宿根木
244469149_4412339322188909_95661691947518141_n
244504278_4412339425522232_614154263723324231_n
244466464_4412339652188876_9222283988549718545_n
244520303_4412339872188854_4509445307907213650_n
244267282_4412340152188826_292419685479148442_n
・ちょっと変わっていましたが、下のジャケット写真の場所
244407757_4412340638855444_7394296412066274004_n
244469838_4412395385516636_7071191068486700076_n
・万畳敷
244456698_4412340322188809_1549776651667965093_n
244437580_4412340442188797_6830352904490145658_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes