『石坂まさを氏を囲む会』でした。

昨日は、午後から毎月ボランティアで通っている大宮のデイケアセンターでライブをし、
その後、夜は、かつて”藤圭子”を世に売り出して有名になり、
(若い人には”宇多田ヒカル”のお母さんと言った方がピンと来るんでしょうね。)
数々のヒット曲を世に送り出してきた『石坂まさを氏を囲む会』に参加して唄って来ました。
会場は、石坂先生が懇意にされている佐渡出身の社長が経営している系列店
目黒の『庄や』でした。
もう随分前に病気で寝たきりになり、
現在は、視力も失っている状態です。

実は、自分がデビューする前、丁度3年前くらいになりますが、
応援して頂いている方のご紹介でご自宅に連れて行って頂いたのが最初のご縁でした。
その時もベッドで横になっている状態で、
デビュー前のCDやギターで唄うのを聴いていただいたりしましたが、
その後、先生に気に入って頂いたのか、
「YAMATOさん、毎日でも僕のところに来て、僕の発想、考え方を相続するんだよ。」
と言われ、
何回か通い続けたことがありました。
行けたら行きますと言った日に行かなかったら、
重要な人が来てて紹介しようと思ったのにと怒られこともありました。(笑)
ただ、当時自分の中で何か違うものがあって距離を置くようになり、
その1年後くらいに、メジャービューの話が決ったという感じでした。

それが、昨年末、
知り合いからの依頼で、
クリスマスライブとして唄いに行った池袋のお店で石坂先生と再会。
もちろん覚えていてくれましたが、
3年ぶりくらいに自分の生唄を聴いて頂きました。
長くは外出できない体なのですが車椅子で来られていて、
オリジナルからカバー曲まで真剣に聴き入って頂きました。
最初に聴いてもらった頃とは明らかに自分自身の歌唱力も変わっているわけですが、
また、先生から色々な提案を頂き、
どうも、佐渡に大物演歌歌手を呼ぶために先生にお願いをしている話もあるようで、
「YAMATOさんも、前座で歌えるといいね。」という話もありました。
まあ、どうなるかわかりませんが。(笑)
正月明けに電話をして再会を約束しました。
何だか、最初にご自宅で先生とお会いした時に受けた印象と何か違っている感じで、
佐渡から帰ると昨夜の案内が来ていて、
電話をすると先生が出られて、
その日は名曲を唄う会とのことで
「YAMATOさんも参加して1曲歌ってよ。」という話になり、
昨夜の参加という運びになりました。

今回は、名曲ということで【シクラメンのかほり】を歌って来ましたが、
プロのアコーディオンを伴奏にしての歌でした。
キーが普段より1音低かったので歌い難かったのですが、
唄い終わった後席に戻り、
一緒の席の年配の男性の方と話して名刺を渡すと、
「やっぱりプロだったんですね。
唄ってるときの間の取り方が違うと思ったんで。」と言ってくれて、
少し話すと、かつて七つくらいのプロダクションを経営されてた方でした。
全て演歌歌手ということですが、
有名な作詞家の先生方からこの歌手を売り出して欲しいということになると、
その都度プロダクションを立ち上げて売り出しをしていたそうですが、
本当に大変だったと言っていました。
石坂先生からは、
「七つプロダクションを経営して20億損した男」と紹介されると言っていました。
CDの売上利益と同じくらいのプロモーション費用をかけてはじめてトントンだったので、
売るのは本当に大変だったそうです。
今は、もうプロダクション業界からは一線を引いてしまって、
観光関係の会社を一つだけやっているようですが、
テレビ業界の構図など力関係のことも色々話してくれました。

自分の近況などを話すと、
「自分も今一人だけどうしても売り出してあげたい男がいるので、
何とかしようかなと思っているんですよ。
これもご縁なんで携帯番号を教えておきますよ。」とのことで、
名刺に携帯番号を書いてくれました。
プロダクションの社長って、
大体テレビに出たりするのを見ると、
芸能人は派手な感じの割に地味な方が多い気がしますが、
本当人柄の良いそんな方でした。
唄い終わって、石坂先生のところに挨拶に行くと、
「YAMATOさん、5月11日から「庄や」の社長と佐渡に行くことになっているので、
一緒に行けるように予定を空けておいて。」とのことでした。
まだ、目的は聞いていませんが行くことになりそうです。

第一回目という事で、今回は30人くらいの参加者でしたが、
プロの歌手はいませんでした。
ただ、「エムティアール」という音響、映像の会社スタッフが入っていて、
今回は「名曲を歌う会」みたいになったけど、
本来は、オリジナル楽曲を発表してもらい、
良い楽曲を見出したら映像などにして「You Tube」などから配信したいんだと言っていました。
毎月1回ペースで、次回からはそうしたいようです。

そう言えば、かつて別の異業種交流会で唄った時に、
自分のCDを買ってくれた女性の画家の方もいて、
「【月】のCDを車でずっと聴いてるけど、とってもいいわ~。」と、
思わぬ出会いがありました。

また、石坂先生との交流が再会しました。
これもご縁なんでしょうね…。(笑)

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes