第二弾リリースに向けたお知らせです!

自分の音楽活動に良い流れが来ていますが、
実は、【月】が一旦販売終了になりま~す!

何故?と思うかもしれませんが、
以前から少し話は聞いていて、昨日、はっきりしましたが、
かつて、「日本コロムビア」が外資に買収され
「コロムビア・ミュージックエンタテインメント」になったわけですが、
この度、再度日本の着うた関連会社に買収されたようで、
規模が縮小されることになったようです。

その関係で、
これまでの発売「ブローウィンド・レコード」⇒販売「コロムビア」の流通の流れが
途絶えることになり、
自分の「コロムビア」流通で販売されている【月】は、
現在流通されている在庫が無くなり次第一旦販売終了になります。
なので、ネットショップを見ると、
すでに在庫が無くなったショップから販売終了になっていっています。
と言うことで、
今のジャケットの【月】は、
今後在庫が無くなり次第流通から完全に消えることになるので、
持っていない方お急ぎくださ~い!(笑)

【月】が販売終了になると、
あがっていたドラマの主題歌の話などもどうなるの?
と心配される方もいるかも知れませんが、
実は、今のジャケットの【月】と言う意味は、
【月】の原盤権に関しては「コロムビア」ではなくこちらで持っているので、
【月】は再リリースができるということで問題はないようです。
そこで、【涙雨】、【男道】をリリースするにあたってプロデューサーが考えているのは、
いくつかメジャーレーベルから出せる話はあるそうなんですが、
実際これまでメジャーレーベルから出していても、
販促に関してほとんど大きなメリットはなかったので、
あえてメジャーレーベルの流通には乗せず、
発売「ジーデスレコード」・販売「Amazing D.C」でのリリースにするようです。
当然、全国リリースですので、
全国のCDショップやネットショップからの購入は可能です。

正直、今後【月】、【涙雨】、【男道】に関しては、
テレビでのオンエアの可能性がかなり高いわけで、
その宣伝効果の大きさを考えた時に、
これまでのようにメジャー流通に乗せて販売しても、
利益の大部分をメジャーレーベルに取られてしまい、
実質的な実入りが少なくなるのは馬鹿馬鹿しいので、
俺にとってもきちっと利益が取れることを考えたら、
その方向性が絶対良いだろうとのことでした。
かつて大ヒットした虎舞竜の『ロード』もメジャーから出さず、
自主レーベルで出したことで相当の収入を得たと言う話が有名ですが、
よくある話のようです。
とにかく、今メジャーもインディーズもほとんど流通における境界がなくなり、
逆に実利優先、やりたい音楽性優先などで、
売れていてもあえてメジャーに行かないアーティストもいるくらいなので、
一度メジャーから出して【月】がそれなりの評価を受けた実績があるので、
実利を優先する方向で良いと思っています。

プロデューサーのレーベル「ジーデスレコード」が、
着うた関連の全配信権やカラオケの権利なども全て持っているそうで、
そういう意味では、流通におけるデメリットを感じることはないと思います。
元々プロデューサーと知り合いでもある
あの大御所アーティスト”角松敏生”氏が、
「ジーデスレコード」からのリリースに興味を持ったくらいで、
本人の全国ツアーなどにコーラスとしても同行して来た
沖縄出身の実力派女性シンガー・ソングライター”凡子(ナミコ)”http://www.toshiki-kadomatsu.jp/free/information/main.html?select=release&id=1253292212のアルバムを全面プロデュースし、
「ジーデスレコード」第1弾として3月5日にリリースが決っています。
是非、ご注目を!

その第2弾アーティストとして俺を予定してくれていて、
プロデューサーが考えているのは、
【涙雨】、【男道】に【月】収録の3曲をボーナストラックとして収録し、
5曲入りのミニアルバムにしてリリースする方向性のようです。
原盤権を持っているというのは、こういう時に効力が発揮されるわけで、
テレビに絡んだ場合、
1枚で全て完結できる状態にしておくということですね。
次の第二弾の方向性はそういうことになりそうです。
リリースはテレビでのオンエアの頃に合わせると思いますが、
3月から本格的にりリースに向けた準備が始動して行きま~す!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes