昨日は、【エフエム 新津】に電話で収録出演しました。

先週20日の新潟ライブの日に【エフエム 新津】に出演の収録ができなかったので、
結局、昨日電話で出演のための収録をしました。
PM3時前にパーソナリティの”船尾佳代”http://www.chat761.com/personality/index.htmlさんから電話があり、
10分くらいのやり取りを収録して、
後は【月】の音源を流してもらうことになりますが、
オンエアは、今週27日(金)とのことでした。

”船尾佳代”さんは、
偶然にもラジオのパーソナリティの仕事を始める前に一度面識があり、
何ともご縁を感じるわけですが、
ラジオの収録の後、
実は、ご本人も歌を唄うんだという話になりました。
たまたま、最近自分が女性の立場の歌を何曲か作っていることもあり、
いずれ自分の楽曲を唄ってもらってコラボしましょうとの話で盛り上がりました。
その時は、自分がギターを弾いて船尾さんが唄うことになるんでしょうかね…。(笑)
パーソナリティをしているだけあって、
とっても声の良い女性なので歌も期待できそうで楽しみです。

ちなみに、これまで女性の立場で作った曲には、
【憧憬~あこがれ~】、【月夜の祈り】、【木蓮の花咲く頃】の3曲があります。
面白いもので最初は女性の立場で作る予定ではなく、
完成した後、何だか女性の曲にした方が良いように思えてそうしました。
だから、ちょっと歌詞を部分的に替えると男性の歌にもなります。(笑)

ちなみに、最新の曲【木蓮の花咲く頃】は、
少し前にもうそろそろ木蓮の季節だな~と思い、
白木蓮をイメージした曲を作りたくなり作った曲です。

先日大宮のデイケアセンターのライブで
初めて唄い試しのように唄ってみた音源を
ブルーさんが撮影して「You Tube」にアップしてくれました。
自分の場合、新曲ができるまでに
最後の詰めでかなり推敲に推敲を重ねるタイプで、
ほぼ完成という段階で一度ライブで唄ってみます。
実際ライブでしっかり声を出して唄ってみてから
しっくりこなかった歌詞やメロディーを更に部分的に変えることが度々です。

と言うことで、
今回もライブ音源の後少し歌詞とメロディーを変えてますのでご了承ください。
途中コードも少し間違えてます。(笑)
ブルーさんが新しいカメラの試し撮りを兼ねて
とりあえずこんな感じの音と映像になりますということでアップしてくれたものですので、
また、しっかり完成した【木蓮の花咲く頃】を追々アップしてもらいま~す。

=========================================

【木蓮の花咲く頃】
詞・曲/YAMATO 2009

1:ふんわりと真っ白な 木蓮の花が
真綿を散りばめたように 空に咲いている
仄甘い花の香が 風に漂えば
あなたの面影が揺れて 愛しさ胸に溢れる

心に拭えない季節と 恋を抱きしめたまま
今年も同じように春が巡り来れば あなたを思い出す
木蓮の花咲く頃

2:おぼろげに霞んだ 十六夜の月を
見上げた木蓮の下 遠い春の夜
仄甘い月の香に そっと包まれて
私の黒髪を撫でて あなたがくれた口づけ

あれからいくつもの季節と 恋を見送っただろう
今年も同じように春が巡り来れば あなたを思い出す
木蓮の花咲く頃

今年も同じように恋の儚さ抱いて 涙に脆くなる
木蓮の花咲く頃

=========================================

ブルーさん撮影の【木蓮の花咲く頃】ライブ動画:
http://www.youtube.com/watch?v=aeIZleZCuMg

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes