出会いに感謝!

昨日、一日かけてやっと年賀状200枚書き終えました。
前のパソコンが壊れた時に住所録のデータが全部飛んでしまったので、
住所の入力作業と同時並行でした。
持ち前の集中力で14,5時間ほとんど休みなしで頑張りました。(笑)

今月12日、”HAYATO”君からの依頼で
志木駅南口交番前の新座警察署主催の交通安全キャンペーンライブをしましたが、
今日は、その時に出会った大東文化大学の田中教授宅に行って来ました。
本当、偶然とは思えないご縁を感じてやまないのですが、
ライブ当日、本来ならそれでライブを終わっても良いところで、
”HAYATO”君が最後に俺の演奏を2曲入れて終わろうということになり
【月】と【男道】を唄ってる時にたまたま通りかかったのが田中教授で、
終わるとすぐ感動しましたとCDを購入頂きました。
自分の中国とのつながり話したわけでもなかったのですが、
名刺を頂くと埼玉県の『日中友好協会』の会長をされていることに驚き、
自分のかつての中国留学経験の話をすると、
何と奥様が中国の方とのことで、
本業の名刺を頂くと大東文化大学の外国語学部の教授でした。

その段階で、もしかすると年明けに中国のテレビ歌番組に出演するかも知れない話をして、
今後、何かご縁があればということで別れたのですが、
その夜、帰宅すると”吉井”氏から正式に自分の中国のテレビ出演が決まったとの連絡があり、
正直、決まるまでは一騎打ちの相手が女優の”加藤夏樹”だと聞いていて、
知名度、プロダクションなどのバックボーンから言って難しいかな?と思っていたので驚きました。
その連絡では、自分は番組で2曲を唄うことになっているらしく、
1曲は、先方の「広西テレビ」テレビからの指定曲で
【茉莉花(ジャスミン)】という中国の民謡を唄って欲しいとのこと。
自分なりにギターでアレンジして唄うことにしましたが、
もう1曲は、自分のオリジナル曲ということだったので考えた末【月】を唄うことにして、
日本語で唄っても良いのですが、
できれば、全部でなくても中国語の歌詞で唄う部分があった方が良いかな?と思い、
その瞬間、咄嗟に田中教授のことを思い出し、
出会ったその日のうちに、すぐ『日中友好協会』や留学生のつながりなどから
文学的センスをもっている中国人留学生がいたら紹介して欲しい旨のメールをしました。
歌詞は、日本語をただ直訳しただけでは駄目なので、
中国人でも、特に文学的なセンスをもった人でないと難しいと思い、
そういう中国人を知っていればとの期待からだったのですが、
何と返事を頂くと、奥様ご自身がこれまで仕事として翻訳をされたりしてきた方らしく、
すぐに奥様に頼んで頂いたとの内容でした。
えっ!?こんな展開があっていいの?と
あまりにも偶然とは思えない流れに驚くのと同時に、
やっぱり、自分の音楽活動が何か良い方向に動いていることを実感させられた気がしました。
田中教授からは、一週間くらいあればとのことだったのですが、
奥様があっという間に仕上げて歌詞を郵送してくれ、
そして、ご丁寧いに一度ご自宅で奥様を交えて練習をしようということになり、
今日、志木のご自宅に伺って来たのでした。

発音などは留学中に中国語の歌をたくさん覚え、
カラオケで中国語の歌を唄うと中国人にも驚かれるので特に問題ないと思うのですが、
歌詞をどの部分で区切って唄うかなどは、
きちんと中国人の感覚で指導してもらった方が良いので、
確認させてもらうことにしました。
最初、自分のCDを流しながら、
奥様の唄うのに合わせて口ずさんでいたのですが、
歌がとっても上手なので録音してもらって、
それを聴きながら自宅で練習できると思い急遽録音することに。
ところが、外部録音できる機材がなかったので、
まさかこんな展開を予想してなかったので自分も外部録音できる準備をしておらず、
急遽、”HAYATO”君に連絡。
丁度卓球をして家にいたとのことで
車だとすぐの距離なので録音機器をもって来てもらいました。
”HAYATO”君はこの展開を知らなかったので、
「まさか、あの日に出会ったばかりの方の自宅に来ているとは!」
と驚いていましたね。(笑)
無事、奥様の歌の録音を済ませて、
奥様が、
「中国訳をするのに何度も【月】を聴いているんですが、
本当に心に沁みてくるいい歌ですね。
中国語で意味が分かると、中国人の心にも絶対響く歌ですよ」
とうれしいコメントを頂きました。
意外にも、CDに入っている【佐渡ヶ島】も好きだそうです。
その後は、自分はギターを持っていなかったのですが、
ピアノがあったので”HAYATO”君にピアノ演奏をしてもらったり、
自分が来ると言うことで、
高校生の息子さんも出先から早めに帰宅してくれて歓談のひと時でした。
これからも、色々中国語に翻訳することが必要だったらいつでも声かけてくださいと
有難いお言葉を頂いて来ました。
日本に来て、23,4年くらいになるそうですので、
自分が中国留学する前に来日されてるとになりますね。
素敵な方でした。

今日、お聞きしてわかったのですが、
実は、田中教授は最近お姉様を亡くされたらしく、
あのライブの日も気分が沈んでいるところで自分の歌が聴こえてきて、
余計に心の琴線に響いてくれたようなんです。
でも、この偶然とは思えない出会いに本当に感謝です。
お姉様のご冥福を祈りながら、
田中教授、徐曼奥様、ありがとうございました!

・田中寛・徐曼ご夫妻と息子さん”康浩”君。

HAYATO君と。

さて、明日は、”HAYATO”君と大晦日のイベントのリハです。
大晦日、お時間のある方、お声かけください。
そのまま年越しして、近くの氷川神社に初詣かな?(笑)

●12月31日
『大晦日だョ!紅白ライブバトル』
場  所:さいたま市民会館おおみや大ホール
時  間:18:00~0:30
チケット:¥1,000(全席自由)
http://www.shisetsu.city.saitama.jp/Public/PC/shisetsu2/406.html
司  会:滝嶋雅子(NHKアナウンサー)、三遊亭鬼丸(落語家)
応援団長:紅組 小川佳津子(マリンバ奏者)、白組 織田準一(トランペット奏者)
チケット:全席自由(¥1,000)
主催:大晦日だョ!紅白ライブバトル/財団法人さいたま市文化振興事業団
共催:さいたま市
後援:さいたま市教育委員会・埼玉新聞社・朝日新聞さいたま総局
読売新聞さいたま支局・毎日新聞さいたま支局・産経新聞さいたま総局
東京新聞さいたま支局・日本産経新聞さいたま支局

2件のコメント

  • By メイ(子犬のナナ), 2010年12月30日 @ 3:22 PM

    素晴らしい展開ですね!
    胸がアツくなります。
    何だかYAMATOさんのことを諸天が応援しているようです。

     *懐かしいHAYATOさん。
     卓球もがんばっているのですね。

  • By yamato, 2010年12月31日 @ 2:06 AM

    >メイ(子犬のナナ)さん、

    何だか、自分でも驚くような展開ですね…。
    今年は、来年につなげるための足場固めのような年だった気がします。
    来年は、更に動きそうな気がします。

Other Links to this Post

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes