昨夜、『戦艦大和フイルム発掘隊』メンバーが集合しました!

昨夜、ブーゲンビル島に埋められている「戦艦大和」のフィルム発掘隊メンバーが集合しました。
以前、「全国ソロモン会」の故菊本享事務局長さんがいた時には、
皆さん頻繁に集まっていた新宿の居酒屋【みのや】。
菊本さんが亡くなられてからは、俺は初めて足を運びました。
発掘隊のメンバーのうち、三重県の花井さんと言う方が、
仕事の関係で定期的に上京するので、昨夜はそのタイミングで皆さん集まりました。
昨夜は、発掘隊メンバー以外にも、
4年前に発掘に行った際、
その模様をTBSが報道特集で取材し番組にしたのですが、
その時のディレクターだった岡野氏も来てくれていました。
見つからなかった時に一度TBSが番組にしているので、
それこそフィルムが見つかった場合は、
どこのテレビ局も飛びつくような歴史的な特ダネであり特番は間違いないのですが、
どの局も見つからなかったことを考えて経費の問題が大きく、同行取材には消極的なようです。
ただ、フリーの放送作家の原渕氏が同行してカメラを回すので、
見つかる見つからないの如何に関わらず、
映像としてはしっかり残せることになります。

自分が、「全国ソロモン会」を通して戦艦大和のフィルムの件を知ったのは、
【涙雨】を作る前、
「全国ソロモン会」のメンバーで知人の”吉田幸子”さんからで、
2007年、TBSが同行してブーゲンビル島の捜索の模様が報道特集でオンエアされた直後でした。
そんな夢を追いかけている人がいるならぴったりの歌があるという事で、
【男道】が入ったCDを吉田さんを通じて渡してもらったのがきっかけでした。
皆さん、戦艦大和のフィルムを探しているところで、
よりによって俺が”YAMATO”、これは見つかる前兆だと盛り上がったのが印象的でした。
その後、今後の捜索でフィルムが見つかったら必ず特番になるので、
その時には是非番組内で【男道】を流すと言う話になったのですが、
結局、それ以降、フィルムが埋められている地域の治安が悪くなり、
4年間発掘に行けずに来てしまったわけです。

『戦艦大和フイルム発掘隊』
〇小川登朗(隊長:小川写真館)
〇花井錬太郎(パプアニューギニア18会会長)
〇吉田幸子(「全国ソロモン会」常任理事)
〇新垣勝利(タビック・スジャパン添乗員)
〇原渕勝仁(放送作家)
〇YAMATO(シンガー・ソングライター)
※ここに、戦友である大阪の松下正雄(85)氏が加わります

伊勢新聞:http://www.isenp.co.jp/news/20110610/news07.htm

上の伊勢新聞を読んで頂くとわかりますが、
記事に記載されている出発日程と発掘隊の数に変更が生じています。
と言うのも、
震災の影響で、NHKでオンエアして頂くことになっている自分の音楽活動の取材が、
最後のインタビューを撮影するところで一旦中断し、
戦没者の慰霊に関わるテーマなので、
終戦記念日頃に延期して改めてオンエアの予定になっています。
実は、そのきっけを作ってくれた記者が、
この戦艦大和のフィルム捜索に関しても大変関心を示してくれて、
フィルムの見つかる見つからないに関係なく、
「戦艦大和に対する日本人の特別な思い」みたいなところに焦点を当てて
自分の戦没者の慰霊活動も絡めて取材できたらという話が持ち上がり、
7月6日からの出発では局内で話をまとめるのに時間が足りないとのことになり、
どうなるかはわかりませんが、
取材の可能性にかけて、この出発予定を保留して延期することになりました。
という事で、にわかにこんな動きが出てきて、
この発掘隊に自分と自分が音楽を通して戦没者の慰霊活動に参加するきっかけになった
”吉田幸子”さんが加わることになりました。
フィルムなんかもう見つからないよという声もたくさんある中、
戦時中にフィルムを埋めて復員された故市川貢氏の遺志を継いだ”小川”氏の想いに共感して、
皆さん、経費は自腹での発掘隊です。
4年ぶりに治安が安定してやっと行けるようになったフィルムが埋められているブイン地域に、
皆さん、熱い思いを託しています。

”ダン・クロイド”在日米海軍司令官が記念講演をして、
自分が懇親会で唄うことになっている7月2日の『日本ネイビークラブ』の総会後、
「大東亜青年塾」の森川氏から提案があり、
有志を集めて「戦艦大和フイルム発掘隊」の壮行会もやって頂くことになりました。
隊長の小川氏も大変喜んで、
この日は、発掘隊メンバーもほぼ全員参加することになりました。

今回の発掘の模様がテレビ番組になった時には、
”小川”氏の応援歌になっている【男道】を番組内で流すことになっていますが、
改めてそういう思いで【男道】を聴くと、
”小川”氏がご自身の応援歌としてくれていることがわかりますね。
【男道】http://www.youtube.com/watch?v=Mu4nfQecnWo

”小川”氏が、
「この発掘隊のメンバーは、みんな私利私欲のない顔ぶれなんでそれがいいんだよね!」
と常々言っていますが、本当そうなんですよね。
ただ、皆さん経費は自腹なので、
本当は取材費が出るテレビ局ががっちりついてくれたり、
スポンサーでもついてくれると一番いいんでしょうけどね…。(笑)
でも、皆さん自腹でも探すという想いだからまた素晴らしいんですよね。
最後、絶対見つけるぞ!と言う意気込みで、万歳三唱をして帰って来ました。
今回こそ、必ずやフィルムを持ち帰りたいものです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes