明日から一週間内モンゴルに行って来ます!

さて、明日から一週間内モンゴルに行って来ます。
そう言えば、この3年間、毎年何故かこの時期は海外なんですよね。(笑)
一昨年は、4泊5日でシベリアへ抑留死亡者の慰霊墓参に。
http://www.youtube.com/watch?v=AXygsAIS5gY
昨年は、2週間ブーゲンビル島に戦艦大和のフィルム搜索に。
http://www.youtube.com/watch?v=7hDA-UyO2xc
そして、今年は内モンゴルへ。

帰国は4日の予定で、その後は故郷佐渡ヶ島へ!
関東〜佐渡を3往復のタイトなスケジュールで動くことになりそうです。
自分の知人の佐渡ツアーなどもありますが、
佐渡へ行ってみたいと言う方お声かけください!
実家のある岩谷口の海(写真の海)でおもてなしします。(笑)

 さて、8月のライスケジュールです。
ご都合がつくものがありましたら、お越しください!

●8月8日(水) 
真夏の夜のBBQパーティー YAMATOライブ
場  所:佐渡金井【ときわ会館】駐車場
時  間:19:00〜22:00 
19:00〜 文弥人形(常盤座)
20:00〜 YAMATOライブ
会  費:前売り¥1,500(当日2,000)※ドリンク別

●8月9日(木)
プライベートライブ
場  所:佐渡相川カラオケスナック【アップル】
時  間:20:00〜

●8月10日(金)
YAMATOライブ in 佐渡岩谷口
場  所:佐渡岩谷口【外海府ユースホステル】(自分の実家のある集落です。)
時  間:19:00~
チャージ:無料
※ 毎年夏に団体で遊びに来ている世田谷芦花公園のイベント関係者が主催します。
ライブ前にはバーベキューもやりますので、是非交流しにお越しください!
今年は、都内からの参加アーテイストもいるようです!
岩谷口の風景:http://www.sadoyume.com/iwayaguchi.htm

●8月12日(日)
蔵や敷G介プロデュース
geedes presents G!LIVE in Summer Dream
場  所:恵比寿【アート・カフェ・フレンズ】
時  間:18:00開場 19:00開演
チャージ:¥3,000(飲食別途)
※自分がCDを出しているジーデス・レコードの社長の企画ライブです。

●8月13日
佐渡『たかち芸能祭』アトラクション
場  所:佐渡高千中グラウンド
時  間:18:00〜
チャージ:無料

●8月15日(水)
佐渡北片辺集落カラオケ大会 ゲストライブ
場  所:佐渡北片辺公民館
時  間:19:00〜(YAMATOライブは、20:00〜)

●8月16日(火)
「全国ソロモン会」主催 大東亜戦争戦没者並物故者追悼供養法要 追悼ライブ
場  所:浅草【寿仙院】
時  間:追悼供養法要 11:00~/追悼ライブ13:30~
会  費:¥5,000(昼食・飲料・お菓子代等込み)
※参加希望の方は、お問い合わせください。
「全国ソロモンン会」事務局:03-3841-5011

●8月17日(金)
プライベートライブ
場  所:浦和『らうんじ サンアイ』
時  間:20:00〜

●8月18(土)
プライベートライブ
場  所:浦和『らうんじ サンアイ』
時  間:12:00〜

●8月19日(日)
『第38回 戸田ふるさと祭り』屋外ステージ
時  間:18;40〜19:10
※久々に地元戸田の夏祭りに出演します。

●8月21日(火)
『癒しのプロ集団チーム恵比寿』 陸前高田復興支援弾丸ツアー 
◆活動場所
※詳細追って
※8月20日24時恵比寿出発〜22日早朝5時恵比寿帰着
※参加者募集中です!

●8月25日(土)
たまり佐渡ツアー YAMATOライブ
場  所:佐渡岩谷口【外海府ユース】
時  間:19:00〜

●8月29日(水)
「小木港祭り」花火大会 YAMATOライブ
場  所:小木港公園特設ステージ
時  間:18:00頃〜

気仙沼復興支援弾丸ツアーから帰りました。

朝帰りから始まり、ライブを一本やってからのハードスケジュールでしたが、
今回もまた素晴らしい出会いと感動を頂いた弾丸ツアーでした。
二箇所の仮設住宅を回り、特に前回も行った反松の仮設住宅では、
前回の出会いから生まれた
【あなたの笑顔を思い浮かべて】を今回歌おうと思っていたのですが、
急遽キーを変えることにしてコードを変えたのでしっかり演奏する自信がなく、
次回披露することにして歌詞だけ見てもらおうと回したところ、
皆さんが欲しいとすぐに全員分のコピーをして配ってくれました。
歌詞を読みながら本当に喜んで頂き、次回披露する約束をして来ました。

仮設住宅の後は、
前回うれしい出会いのあった
「復幸マルシェ」の『食事処 塩田』マスターに段取り頂き、
「復幸マルシェ」の外でライブをさせて頂きました。
雨こそは降らなかったのですが、外はじっと聴いてるだけではかなり肌寒い中、
さすがに地元の人の人足は多くなかったものの、
スタッフの皆さんも真剣に聴いてくれました。

自分のライブの前に、ギター”大橋”さん、サックス”真紀”さん、
キーボード”田久保”さんの3人がインストで即興の演奏を披露。
即興でやってしまうので、大したものです。

・3人の演奏

その後、自分のライブにも、
2曲だけキーボードの”田久保”さんに伴奏してもらう予定だったのですが、
全員でコラボしながらの即興演奏になりました。(笑)

・【男道】では、塩田マスターを呼んで。

・これぞ気仙沼の男!と言う感じです。

途中【泰平】の替え歌では、
アベックで来てくれていた”タカシ”さんの名前を拝借。
普段、32歳とまだ若いのに建設現場の現場監督しているそうです。
彼女が横にいるのにモテない男にして歌いました。(笑)

・お礼にCDをプレゼント。

ライブ後は、『食事処 塩田』の店内に戻り、
「チーム恵比寿』メンバーアイーシャさんのベリーダンスショー。

・ベリーダンス教室も。

何と、マスターがサービスの舟盛りを用意してくれていました。
後ろの壁にはYAMATOのポスターが貼られています。

・マスター、ありがとうございます!

・旗には「YAMATO」の文字まで。

・「チーム恵比寿」の美女たちも感激!

今回も、聴いていてくれた地元の方と
個人的にはうれしい出会いがいくつかありました。
後から塩田のマスターがCDを買いたいという青年がいると
一昨日、「復幸マルシェ」の事務所の上のテナントで、
Tシャツ販売の店舗をオープンしたばかりだと言う
代表の”千葉成哉”さんを紹介して頂きました。
「ずっと上でライブを聴いていたんですが、故郷を歌った歌に本当に感動しました」
と言って頂きました。
故郷の歌は、【遥かなる故郷の空よ、海よ】だけだったので、
改めて、その歌詞の内容を振り返りながら、
”千葉”さんがどう言う心境を抱えながら復興に向けて頑張ろうとしているのか、
その気持ちの一旦に触れた気がしました。

※音楽活動を始めたばかりの頃、
第二期「佐渡 お笑い島 計画」のテーマソングになり、
そのPVとして作った映像ですが、今聴くと歌がかなり幼いですね。
【遥かなる故郷の空よ、海よ】
※音はよくないですが、昨年の文京シビックホールソロライブの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=n34hudSSOYA&feature=related

【遥かなる故郷の空よ、海よ】
詞・曲/YAMATO
1:俺がいつも見上げてた故郷の空は
どこまでも高く澄み渡り白い雲が眩しくて
気高き親父の生き様に抱かれるような
そんな故郷の空を見上げて夢を積み上げた

故郷に帰る度いつも見上げる空は
流れた時が嘘のようにあの頃のままそこに広がる
だけど老いゆく親父の背中が悲しくて
やっぱり流れた時の重さが胸に伸し掛る

遥かなる故郷の空よ どうか見届けてほしい
いつかの夢を追い続ける俺の覚悟を
涙噛み締める夜も 笑顔忘れた朝も
親父と故郷の空が瞼に浮かんで離れない

2:俺がいつも見つめてた故郷の海は
どこまでも広く果てしなく水平線が優しくて
丸いお袋の懐に包まれるような
そんな故郷の海を見つめて愛を育んだ

故郷に帰る度いつも見つめる海は
移ろうことが嘘のようにあの頃のままそこに横たう
だけど老いゆくお袋の指先が切なくて
やっぱり移ろうことの儚さが胸をすり抜ける

遥かなる故郷の海よ どうか見届けてほしい
いつかの愛を追い求める俺の人生(みち)を
背を向けたくなる夜も 心塞いだ朝も
お袋と故郷の海が瞼に浮かんで離れない

倒れそうになる夜も 膝を抱えた朝も
いつの日にか故郷に応えたくて…

そもそも、【遥かなる故郷の空よ、海よ】は、
音楽という道が定まる前に自分が進むべき道は何なのか、このままで良いのかと、
人生に葛藤しながらも寂れていく故郷佐渡ヶ島を見ながら、
何か恩返しがしたいと思い続けていた頃の心境を歌った曲なので、
”千葉”さん自身がそう言う心境と重なったのだろうと思いました。
時間がなくて深くは話せなかったので、あくまでも自分の推測です。
ただ、その曲は残念ながら正式な音源になっていないので、
自分が昨年やった佐渡でのフルバンド編成のソロライブ音源を
本来ライブ音源CDに制作する予定できちっとした音で残してあるので、
それをCDに焼いてプレゼントする約束をして来ました。
Tシャツも着ているのを見ましたが、
地元出身のデザイナーがデザインしたものらしくとてもお洒落な感じで、
売上の一部を復興のために寄付するとのことでした。
【遥かなる故郷の空よ、海よ】が心に響いてくれた青年、
個人的に今後とても応援したい気持ちです。
Tシャツが欲しいのはもちろんですが、
自分なりにどんな応援ができるか、また”千葉”さんとやり取りしてみようと思います。

それと、自分が最初の曲【立ちあがれ】を歌い出して間もなく
姿が見えなくなった女性がいて、
歌い終わるとサインを欲しいと色紙と黒マジックを差し出され、
何と、わざわざ取りに行ってくれていたのでした。
「復幸マルシェ」で『斉新米店』と言う米屋さんをしている女性でした。
後からポスターを送ろうと思って探したら、もういなくなっていて残念でしたが、
米屋さんの名前で届くと思うので、後で送りたいと思います。

被災地の皆さんの心に届くかどうか
半信半疑のまま通いだした復興支援でのライブですが、
自分の拙い歌が届いてくれていることが実感できて、今回も本当に感謝でした。
気仙沼の皆さん、また伺いま〜す!
皆さん、お疲れ様でした!

『APIA 40』ライブ終了!

昨夜、明日の気仙沼で使うキーボードを借りに浦和の「サンアイ」に行ったところ、
自分の知人が主催する浴衣美人の集い真っ最中。
マスターも丁度良かったと宴会に合流。
歌うつもりで行ってないのでギターは持参しておらず、
皆からカラオケリクエストの嵐で相当歌いました。(笑)
でも、御陰で、来年7月8日開催予定の南浦和にある「さいたま市文化センター」でのソロライブを
みんなで満席にしよう!と盛り上がってくれました。
結局早朝4時帰り。(笑)
それから少し仮眠をとってのライブとなりました。

◆セットリスト
1:真夏の太陽を抱きしめて
2:満天の星の下で
3:あの頃、あの場所、あの友たち
4:涙雨
5:月
6:男道

 一旦帰宅しましたが、
もう少ししたら恵比寿に向かい「チーム恵比寿」のメンバーと気仙沼に向かい出発、
明日一日活動してきます。
専属のドライバーが運転するのでマイクロバスの中で爆睡できそうです。(笑)

今日は、世田谷の「芦花公園しあわせの野音」つながりで交流させて頂いている
芸人夫婦”ジュリーさまだ”さん”まいマイ”さんご夫妻が初めてライブに来てくれました。
旦那さんは、何が飛び出すかわからない”異次元芸人”、奥さんは腹話術師です。
来月、陸前高田のライブにもご一緒する予定です。

そう言えば、お二人で登場している動画があります。
http://www.youtube.com/watch?v=qmIOaDxN1j8&feature=relmfu
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

明日、目黒『APIA 40』定期ライブの後、気仙沼へ!

明日、目黒『APIA 40』での定期ライブです。
昨年、東日本の震災があり、その頃、取材途中だった自分のNHKの番組が延期されることになり、
3年くらい前にも一度関わったTBSの番組がオンエア日まで決まった後、
総選挙関係の特番で消えてしまったことがあったので、
また、番組が消えるのではないかと心配しましたが、
丁度1年前の7月の『APIA』ライブに改めて取材に入ってくれ、
8月に無事にオンエアされたのを思い出しました。
その時のライブ画像です。

明日のライブの後は、一旦自宅に戻り、
深夜に「チーム恵比寿」のメンバーと弾丸ツアーで気仙沼に向かい、
仮設住宅と『復幸マルシェ』http://www.shishiori-marche.jp/ でライブをして来ます。

●7月21日(土)
YAMATO定期ライブ
場  所:目黒【APIA Forty40】
時  間:14:00~
チャージ:¥1500+1Dr 

昨日は、「レインボータウンFM」へ。

先日、自衛官”中”さん主催の交流会で会った
音楽プロダクション「noプランド・エンターテイメント」
”浅草雷ギャル☆まり”ちゃんがMCをしている
「レインボータウンFM」『東京スカイラジ』と言う番組を番組を聴いて来ました。
”浅草雷ギャル☆まり”ちゃんの他に所属演歌歌手の”美聖”さん、
そしてピン芸人の”社会人Z”さんの3人でパーソナリティーをやってました。
なかなかMCもテンポ良く、1時間飽きずに聴いていられました。

新しいフルアルバムも制作予定なんですが、
これから7、8月怒涛のスケジュールが待っているので、
しっかり動き出すのは9月に入ってからになりそうです。

今週末21日(土)は、目黒「APIA 40」でのライブです。
ご都合がつきましたらお越しください!
●7月21日(土)
YAMATO定期ライブ
場  所:目黒【APIA Forty40】
時  間:14:00~
チャージ:¥1500+1Dr 

そして、その日の深夜出発で、
「チーム恵比寿」の復興支援弾丸ツアーに参加して、
先月に続き2度目になる気仙沼の仮設住宅と「復幸マルシェ」でのライブをしてきます。

昨夜は、自衛官”中”さん主催の交流会でした。

昨夜は、終戦直後に佐渡であった史実を基に制作している
映画「飛べ!ダコタ」の主題歌を歌う”石井里佳”さんと
映画の総合プロデューサーの”伊与木”さんと一緒に、
自衛官”中”さん主催の交流会に参加してきました。
元々、”石井里佳”さんが司会をやっていたインターネット番組に
自分が何回か出演させて頂いたことがあり、
”伊与木”さんとも交流があったのですが、
偶然にも、佐渡に関係するご縁ができたと言う感じでした。

ちなみに、”石井里佳”さんは、
8月29日、毎年自分のライブを企画してくれている佐渡「小木港祭り」花火大会前のステージに
今年は一緒に出演し、
その時には自分がギター伴奏をする予定です。
映画の主題歌を作った”宇崎竜堂”さんも特別出演の予定で動いていますので、
佐渡の皆さん、お楽しみに〜!

【立ちあがれ】、【月】、【男道】の3曲を歌いました。

・”中”さんと”石井里佳”さん。

・真ん中は、今回パフォーマンスをした”浅草雷ギャル☆まり”さん。

【北海道どさんこパンチ in 根室別海】から帰りました!

気温は低く涼しかったんですが、
熱く盛り上がった北海道から帰りました!
札幌や旭川、遠くは稚内など、皆さん遠くから足を運んで来ていました。
やっぱり思ったとおり熱くイカれた男たちの巣窟でした!(笑)

・「どさんこパンチ」会場

・「どさパン」スタッフ。

・いよいよ「どさパン」スタートで、代表”大井”氏挨拶。

・「どさパン in 根室別海」の幹事”木嶋”議員。

・「どさパン」常連美人司会者”安達”さん。

・夕張診療所医師”森田洋之”氏。

・酪農家 別海ジャンボ牛乳地域活性化協議会会長”臼井”氏。

・日本一の牛乳産地別海の行政職員で結成「別海ミルクガールズ」

・北極冒険家”荻田泰永”氏。

・看護師で「どさパン」テーマソングを歌うシンガー・ソングライター”Rei”さん。

この後は、二次会場へ移動し、交流会でした。

今回のご縁を作ってくれた佐渡高校後輩で行政書士”藤井”氏が、
俺を紹介してくれてライブスタート!

【ふたば法務事務所】代表行政書士”藤井”氏。

・ライブスタート。

・皆さん、飲食を止めて聴き入ってくれました。

◆セットリスト
1:立ちあがれ
2:佐渡ヶ島
3:月
4:泰平(替え歌:ひろゆき)
5:太陽へ向かうハイウェイ
6:男道
7:それだけで幸せなこと
〜アンコール〜
8:追憶の故郷

”大井”代表の名前で歌った替え歌【ひろゆき】は、
何と三人の”ひろゆき”がいて、
三人とも前に出てもらい盛り上がりました!(笑)
【男道】では、「どさパン」代表”大井”氏の男泣きの他にも、
男泣きをする男性がいました。
「どさパン」を立ち上げるに当たって、
地方の一行政マンに何ができるのかと
否定的な言葉を浴び理解されない中でスタートしたそうです。
そう言う心境がまさに【男道】の歌詞に通じるんですよね…。
やっぱり思った通りの「どさパン」の男たちでした。

・学生参加の左から”笠井”君&足が31センチの”竹田”君。

・見事なケーナの演奏を披露してくれた”木嶋”幹事。

・実は、ギター小僧だった”森田”医師。

・「どさパン」代表行政マン”大井”氏&北極冒険家”荻田”氏&行政書士”藤井”氏。

・裏バージョン。

懇親会の後は、地域活性のためお金を落としにと
別海の夜の町に繰り出しました。

・偶然女子会中の女性たちがいて一緒に盛り上がりました。

・盛り上がる「どさパン」副代表”時田”氏&”藤井”氏。

・”あけみ”さん&”きみこ”さん。

・腰のハリをこの場ですぐに治してくれた元スタントマンで「昇仙堂」院長”米澤”氏。

帰ってからも、皆の宿をお借りした今回の幹事である”木嶋”議員さんの御宅で
深夜2時半まで語り合いました。

・まるで合宿のようにみんなで雑魚寝状態。

最後の日は、寝不足ながら早朝から”藤井”さんがレンタカーを運転して観光巡りをしました。
でも、さすが北海道、移動が半端じゃなかったですね。(笑)

・野付半島で。

・北方領土の国後島が見えます。

最後は、養老牛温泉に行き、
”木嶋”さんが文字を書いたという牛乳を飲んで帰って来ました。

また、「どさパン」の皆さんと交流できる日を楽しみにしています!
皆さん、お世話になりました!

明日、明後日は、北海道で歌って来ます!

さて、明日、明後日と北海道に行ってきます!
北海道の地域活性を本気で考え行動しているメンバーが開催する
【北海道どさんこパンチ in 根室別海】に参加し、交流会で歌って来ます。
元々は、行政書士をしている佐渡高校後輩の”藤井”さんが、
自分の【男道】にぴったりの男がいると、
親しくしている【北海道どさんこパンチ】代表の”大井”さんにCDを聴かせてくれたところ、
本当に感動してくれたことがきっかけで、
わざわざ今回のシンポジウム後の交流会で【男道】を歌って欲しいということになり、
ライブをしてくることになりました。
経費だってかかるのに、わざわざ【男道】を現地で歌ってもらおうと言うその心意気、
どこまで熱いんだ〜!と、
そう言う皆さんに北海道で出会えるのが、楽しみで楽しみでなりませんね!
自分が、人生遠回りの末、音楽の夢にチャレンジした原動力の一つは、
寂れていく故郷の活性化を音楽の力で何とか手助けできないかということでもあったので、
【北海道どさんこパンチ】の皆さんとかなり通じる部分があると思うので、
皆さんに触発されて、ライブはかなり熱くなるのは間違いない気がします。(笑)
参加される皆さん、よろしくお願いしま〜す!

【男道】以外にも歌う予定の熱い1曲【太陽へ向かうハイウェイ】です。
学生時代に、信念を貫き通した歴史上の人物に思いを馳せながら、
自分もそう言う生き方に憧れ作った曲です。
かなりの確率でギターの弦が切れます。(笑)
音はよくないですが、動画をアップします。

【太陽へ向かうハイウェイ(バンドVer.)】

【太陽へ向かうハイウェイ(弾き語りVer.)】

昨日は、芝居と浦和の知人のレストランにライブの下見に。

昨日は、午後から駒場東大前にある演劇上に同郷の”眞藤ヒロシ”君の芝居を見に行って来ました。
以前も、偶然一緒になったことがある郷土会の『東京相川会』前島田会長ご夫妻と一緒になり、
芝居後、ご馳走になって帰って来ました。

・『東京相川会』前”島田”会長ご夫妻と”眞藤ヒロシ”君。

その後は、そのうちライブをと言う話になっていた
浦和の知人のレストラン『ISLE(アイル)』に下見をかねて行き、
内輪10人位に中でウルグンさんと生声、生音でライブをして来ました。
9月28日(金)19:00〜ライブをすることになりましたが、
チャージ等、詳細はまた追ってお知らせします。

・ウルグンさんとプライベートライブ。

さて、今年もまた、8月終わりに開催される佐渡の「小木港祭り」のオファーも正式に来たので、
また、花火前に歌いま〜す。!

・去年の『小木港祭り』ステージ。

新曲【あなたの笑顔を思い浮かべて】の歌詞。

一昨夜は、銀座【Miiya Cafe】での定期ライブでしたが、
宮城県の亘理町、気仙沼と仮設住宅に行って歌わせて頂き、
気仙沼の仮設住宅で歌った時の出会いから生まれた
新曲【あなたの笑顔を思い浮かべて】の初お披露目でした。

被災地に行って歌うと言うことに対して、
震災後、メデイアに登場する有名アーティストの言動を見たり、
復興支援という名目で楽曲を作りCDにしたりしているのも何か違和感を感じることがあったり、
果たして、歌が必要とされている時期に来ているのだろうか…?とか、
動くなら一時のものではなく、継続した支援の動きとして自分にできることは何か?と
1年間悶々としていました。
また、あの震災を体験してもいない自分が
復興をテーマにして歌を作るなどおこがましいと思って来ましたが、
でも、今回実際被災地に足を運んで皆さんと交流する中で、
初めて心から作りたいという衝動に駆られて作った曲です。

【あなたの笑顔思い浮かべて】
詞・曲/ YAMATO 2012

1:あなたの笑顔思い浮かべて 春の息吹に祈っています
  雪解け躍る川のせせらぎ あなたの希望を奏でるように
  あなたの笑顔思い浮かべて 夏の夜空に祈っています
  瞬き放つ星の煌めき あなたの瞳が曇らぬように

  流れゆく季節を見送りながら
  この広い空の下であなたを思っています
  春も夏も秋も冬も悲しみの果てに
  あなたの笑顔が咲きこぼれる
  そんな日がまた来るように…

2:あなたの笑顔思い浮かべて 秋の夕陽に祈っています
  海原染めて燃える夕映え あなたの明日が輝くように
  あなたの笑顔思い浮かべて 冬の嵐に祈っています
  木枯らし荒ぶ寒い闇夜に  あなたの心が凍えぬように

  巡り来る季節に寄り添いながら
  この広い空の下であなたを思っています
  春も夏も秋も冬も苦しみの果てに
  あなたの笑顔が咲きこぼれる
  そんな日がまた来るように…
  
  春も夏も秋も冬も悲しみの果てに
  あなたの笑顔が咲きこぼれる
  僕の声で僕の歌で叶うものならば
  あなたの笑顔が咲きこぼれる
  そんな日がまた来るように…

新曲は、完全に仕上がる前に一度ライブでしっかり歌ってみると
また色々メロディーなど修正が出てくるんですが、
早速修正して完成した感じです。

◆セットリスト
1:冷たい雨
2:遙かなる故郷の空よ、海よ
3:満天の星の下で
4:涙雨
5:月
6:あなたの笑顔を思い浮かべて
7:男道

 

自分の前に歌った”川瀬葉月”http://ameblo.jp/labellejavotte0801/さん、
声楽のソプラノを専攻している時に喉を痛め、ピアノ専攻に切り替えた後ピアニストに転向、
その後、4年前からシンガー・ソングライターとしても活動も始めたそうです。
とても清らかな歌と歌声でしたが、
自分のリハを聴くなり、「YAMATOさんの歌は、すごく壮大なイメージですね!」と言って頂き、
これまで、初対面の同じ出演者には無かったほど楽屋で色々話しましたが、
「是非、ライブの伴奏をさせて下さい!
佐渡へも行ってみたいし、是非、佐渡でライブもしてみたいです」と、
とても光栄なうれしい出会いがありました。
ライブ後、自分の歌を聴きながら泣いてしまったと言ってくれていました。
今後、コラボが実現する機会があるかも知れませんので、お楽しみに!
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

WordPress Themes