新曲【あなたの笑顔を思い浮かべて】の歌詞。

一昨夜は、銀座【Miiya Cafe】での定期ライブでしたが、
宮城県の亘理町、気仙沼と仮設住宅に行って歌わせて頂き、
気仙沼の仮設住宅で歌った時の出会いから生まれた
新曲【あなたの笑顔を思い浮かべて】の初お披露目でした。

被災地に行って歌うと言うことに対して、
震災後、メデイアに登場する有名アーティストの言動を見たり、
復興支援という名目で楽曲を作りCDにしたりしているのも何か違和感を感じることがあったり、
果たして、歌が必要とされている時期に来ているのだろうか…?とか、
動くなら一時のものではなく、継続した支援の動きとして自分にできることは何か?と
1年間悶々としていました。
また、あの震災を体験してもいない自分が
復興をテーマにして歌を作るなどおこがましいと思って来ましたが、
でも、今回実際被災地に足を運んで皆さんと交流する中で、
初めて心から作りたいという衝動に駆られて作った曲です。

【あなたの笑顔思い浮かべて】
詞・曲/ YAMATO 2012

1:あなたの笑顔思い浮かべて 春の息吹に祈っています
雪解け躍る川のせせらぎ あなたの希望を奏でるように
あなたの笑顔思い浮かべて 夏の夜空に祈っています
瞬き放つ星の煌めき あなたの瞳が曇らぬように

流れゆく季節を見送りながら
この広い空の下であなたを思っています
春も夏も秋も冬も悲しみの果てに
あなたの笑顔が咲きこぼれる
そんな日がまた来るように…

2:あなたの笑顔思い浮かべて 秋の夕陽に祈っています
海原染めて燃える夕映え あなたの明日が輝くように
あなたの笑顔思い浮かべて 冬の嵐に祈っています
木枯らし荒ぶ寒い闇夜に  あなたの心が凍えぬように

巡り来る季節に寄り添いながら
この広い空の下であなたを思っています
春も夏も秋も冬も苦しみの果てに
あなたの笑顔が咲きこぼれる
そんな日がまた来るように…

春も夏も秋も冬も悲しみの果てに
あなたの笑顔が咲きこぼれる
僕の声で僕の歌で叶うものならば
あなたの笑顔が咲きこぼれる
そんな日がまた来るように…

新曲は、完全に仕上がる前に一度ライブでしっかり歌ってみると
また色々メロディーなど修正が出てくるんですが、
早速修正して完成した感じです。

◆セットリスト
1:冷たい雨
2:遙かなる故郷の空よ、海よ
3:満天の星の下で
4:涙雨
5:月
6:あなたの笑顔を思い浮かべて
7:男道

自分の前に歌った”川瀬葉月”http://ameblo.jp/labellejavotte0801/さん、
声楽のソプラノを専攻している時に喉を痛め、
ピアノ専攻に切り替えた後ピアニストに転向、
その後、4年前からシンガー・ソングライターとしても活動も始めたそうです。
とても清らかな歌と歌声でしたが、
自分のリハを聴くなり、「YAMATOさんの歌は、
すごく壮大なイメージですね!」と言って頂き、
これまで、初対面の同じ出演者には無かったほど楽屋で色々話しましたが、
「是非、ライブの伴奏をさせて下さい!
佐渡へも行ってみたいし、是非、佐渡でライブもしてみたいです」と、
とても光栄なうれしい出会いがありました。
ライブ後、自分の歌を聴きながら泣いてしまったと言ってくれていました。
今後、コラボが実現する機会があるかも知れませんので、お楽しみに!
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes