呉市「YAMATOミュージアム」の戸高館長から。

昨年音楽活動15周年に合わせて作った15曲入りアルバム【花鳥風月 絆】の中に、
自分の名前からしてご縁がありますが、
9年前にはブーゲンビル島に埋められた戦艦大和のフィルム捜索隊として
現地に行ったご縁もあり作った
戦艦大和の鎮魂歌『群青の祈り〜戦艦大和と乗組員に捧ぐ〜』と言う曲も収録しました。
もう10年ほど前になりますが、
テレビなんかで戦艦大和関連のことがテーマの時に、
時々コメントを述べたりで出演されることのある、
広島呉市にある『YAMATOミュージアム』の戸高館長さんともお会いしたことがあり、
その時に「苗字と言うのは漢字は関係なく、音に意味がある。
“やまと”と言う名前はいいね。自分も大和と言う苗字に改名したいくらいだ」
と仰っていましたが、
そのくらい戦艦大和に思い入れがある方なんだな…と言うのが第一印象でした。
お会いした時に
『YAMATOミュージアム』でのライブのことを提案してみたことがありましたが、
呉市の所有なので戸高館長の独断では決められず、
博物館でのライブは一般的に難しいと思うと言われましたが、
一応企画書を書いてみて欲しいとのことで、書いて提…出したことがありました。
結果的には、やはり呉市の方の判断で企画書は通りませんでしたが。
その後『群青の祈り』を作って、
ライブで歌った音源をYou Tubeにアップした時に、
一度聴いてもらおうとお知らせしたことがありましたが、
やり取りは、確かその時以来でした。
最近ふと戸高館長を思い出し、
CDの正式な『群青の祈り』の音源をお送りしたらお礼のハガキが届きました。
確か関東から新幹線で通いながら館長を務めているとのことでしたが、
まだまだ現役で館長を続けてお元気そうで何よりでした。

87070279_2826468227442701_1466191780612407296_n

89049673_2826468374109353_8133126397292969984_n

87743356_2826468294109361_6576869530440564736_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes