昨日は『東京相川会』でした。

昨日は、関東在住の佐渡市旧相川町出身者が年1回集まる
今年57回目の『東京相川会』でした。
一般参加200名あまり、来賓約50名で、計250名ほどの会になりました。
音楽活動を始めてすぐアトラクションに呼んで頂くようになり、
民謡以外で毎年固定で出演させて頂いているのは自分だけなんですが、
数えてみると今年で6回目の参加でした。
”鍵盤奏者HAYATO”君が術後で参加できなかったため、
”masa”さんのジャンベと二人での演奏でした。

■ セットリスト
1:佐渡ヶ島
2:月
3:男道

昨年まで会場の音響設備で思うような音が作れずに演奏していましたが、
今年は、元東芝EMIのプロデューサーで、
現在佐渡のお寺の住職されながら都内で音楽会社を経営されているS氏が、
ご自身が関係している中国人の二胡奏者が演奏するため
会社のPAを持ち込んでくれて安心して演奏できました。

そう言えば、高校の先輩にあたる佐渡市議”I”氏が佐渡から来賓で参加されていて、
藤波辰彌率いるプロレス団体の佐渡興行の話を確認すると、
どうも地元「相川商工会」が呼んでいるようで確かな話のようです。
これから関係者と会って話をする予定なんですが、
コラボが実現するかどうかですね。
そう言えば、先に『大日本プロレス』の佐渡興行を頼まれていたんですが、
違う団体が先になりましたね。
相川は、かつて「新日本プロレス」のジュニアヘビー級で活躍していた
”小杉俊二”http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%89%E4%BF%8A%E4%BA%8C氏の出身で、
怪我で早々と引退した後、
自分も音楽活動を始めてから何かのタイミングで一度会ったことがありますが、
地元で奥さんの実家の酒屋を継いでいるようです。
夢半ばという感じだったんでしょうね…。

相川会の途中、”石坂まさを”氏から電話が入り、
5月18日が誕生日ということで実家から送ってもらった米が届いたとのお礼の電話でした。
そして、『東京相川会』が終わったら自宅に来て欲しいとのことで、
現在の場所に引っ越してから初めてでしたが、
3年ぶりにご自宅に寄ってきました。
特に用があったわけでもないようなのですが、
1時間ほど色々な話をして帰ってきました。
帰り際に自主制作CDの【誓い】を置いて来ようとしたら、
「すぐ聞かせて。」という事だったので、
最初の1曲目【立ちあがれ】をかけ終わると「はい、わかった。」と。
その後、「あなたは作詞の才能があるね。」と言ってもらいました。
実は、3年前、今から比べるとまだかなり幼い頃でしたが、
当時交流していた時に自主制作CDを聴いて頂き、
もう覚えてないと思いますが、やはり同じように歌詞を評価して頂いたことがありました。
自分の歌は、一般の方々からも歌詞が良いと評価されることが多いですが、
大御所のプロ作詞家から作詞の才能を認めてもらえる言葉を頂けたのは、
やはり大変光栄ですね。
【立ち上がれ】は、もう20年以上前に初めて作ったに近い曲ですが…。

明日、5月18日、目黒『日本海庄や』で”石坂”氏の誕生会があります。
かなりいろんな方が来られるようで、
紹介するので名刺をたくさん用意して来るようにとのことです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes